takeyu blog

~40代ひとり暮らしの日記~

狩猟を始めたきっかけ

こんにちは、takeyuです。

 

猟師を始めたきっかけは、『お肉は採って食おう!』と思ったからです。

 

きっかけは、トレイルランニングをやっていた10年ほど前に、有名選手の記事を読んでみると結構ベジタリアンな人が多いことに驚きました。あのような過酷なレースをしているのに肉を食べないのは私にとって衝撃的でした。

そしてただ肉を食べないだけでなく、オーガニックなものや遺伝子組み換えでないものなど食に対することを勉強するきっかけとなりました。

参考になった書籍は、『BORN TO RUN』『EAT & RUN』です。

この2つの本がきっかけでランニングと食が結びつき食に興味を持つようになりました。

 

 

こうしたことから、その当時私も肉は極力食べない方向のゆるベジタリアン生活をしながらトレイルランニングに励んでおりました。その食生活が現在でも何となく続いてきています。※現在は走ることは辞めました。(膝故障のため)※飲酒過多により食生活が乱れた時事もあります。

 

あれこれ調べていくうちに、ドキュメンタリー映画『キングコーン』『フード・インク』『いのちの食べ方』など観ていく中で、畜産肉に対する不信感が湧いてきて、もう畜産肉は食べない方がよさそうだなと考えるようになり、

『肉は採って食おう!』になりました。

 

そんな理由から、狩猟免許を取り6年くらいが経ちます。

ですが、年月が経ち狩猟をやっていく中で疑問が出てきました。

肉を採って食うのは結構大変なこと(運搬、解体、トリミング)だし、正直そこまでして食べなくてもいいんじゃないかと思うようになりました。有害駆除の活動もいまいち乗り気ではないですね。鹿は悪くないと思うんですよね…

 

そして現在では、紆余曲折してヴィーガンになろうとしています。

狩猟は辞めます。

もう肉は食べないんだから狩猟はする必要ないですね。

 

まとまりのない生き方、まとまりのない文章ですが、

読んで頂きましてありがとうございます😊